★TopPage WINDS171
店舗ご案内
取扱ブランド
通信販売受付中
中古.新品
特価情報
ORIGINAL
WeedFin
スクール
ご案内
艇庫
ご案内
天気予報
サイト

★《本日、フォイル。》(2018年7月17日アップ)
風速は南西5〜6m/s、6.5uでフォイル、◎コンディション。
RRD-H FIRE91PRO/155L。フォイルはRRDアルミ製フォイル。
セイルはRRD-超軽量セイルX-TRA6.5u(バテン改造セイル)。
地味なセイルデザインですが性能は申し分無し!。
風速5〜6m/sの微風とは言え安定して吹いていればフォイルにゃ最高の風でございます。
フォイル始めてからの一つの目標今日達成!!浜名湖一周浮いたままロングクルーズだ。
概ね40分、タックジャイブ以外は浮いたまま、ブローホールは上手く切り抜け浮いたまま完走。
ほんと超◎コンディションです。
タックは10回ほど、ジャイブは5〜6回で一周が可能である。ただ音も無く。
但し、流石にこの風域だとセイルは小さ目だからジッっとしてては全く走り(浮き)出さない。
走り(浮き)出す際は少しうねりを利用し、しなやかにセイルを3〜4回パンプする必要はある。
でも一度浮いてしまえば、ほぼそのレグは永遠に浮き続けるよ。
後は、あの(オバけのQ太郎)のような形したフォイルボード、オバQマシーン?のお蔭かなぁ〜!。


★《本日、フォイル。》(2018年7月13日アップ)
風速は西南西8m/sのち北西7m/s、6.5uでフォイル、◎コンディション。
2019年モデルRRD-H FIRE91PRO/155L。フォイルはRRDアルミ製フォイル。

セイルはRRD-超軽量セイルX-TRA6.5u(ノーカム5バテンセイル)。
第3と第4バテンを2本カーボンチューブバテンに差し替えて本気のフォイルセイルに改良。
この組み合わせ、絶好調です。多分9.0u近辺のスラロームよりトータルスピードは断然早い。

今日も大御所さんとアップウインド、走り比べができました。
ブームにはカニンガムシステムも取り付けてアップダウンコースバッチリです。
ニューモデルRRD-H FIRE91PRO/155L、この形見てゾクゾク、ワクワクするの、私だけでしょうか?!
さながらフォイルマシーンって感じで、どのレグでも安定感抜群です。
ニューボード、 一度乗ったらやめられない!!。

が、どうだろう、この155Lをトータル《100》の性能としたら
150のウッドモデルも走りの安定感も含めて総トータル《98》と言ったところでしょうか。
むしろ走り出しは150の方が早いかもしれない。
そして材質、 カーボンもウッドもさほど性能は変わらない気はする。
そのぐらい150のウッドモデルも甲乙つけがたいほどの良いボードである。


★《本日、フォイル。》(2018年7月11日アップ)
風速は西南西8m/sのち南西11m/s、5.7uでフォイル、◎コンディション。
2019年モデルRRD-H FIRE91PRO/155L初乗り。フォイルはRRDアルミ製フォイル。
流石に11m/sは激オーバーでギリギリ帰着。その後は風落ち気味でしたが。
2019年RRDフォイルボード、先週末に日本国内に3本入荷したとのことで、
その内の1本。早速初乗りです。
どうです、この形!。テイルは薄くて幅広。ホームセンターで売ってるコンパネって感じです。
ファーストインプレ!上り角がやはり凄いです。


★《本日、フォイル。》(2018年7月9日アップ)
風速は南東8m/s前後、5.7uでフォイル、◎コンディション。
BH-Legend122LとRRD-H/FIRE91乗り比べ。フォイルはRRDアルミ製フォイル。
風速は8m/s前後。
アビームとかのフリーセイリングはレジェンド122L-w75もH-FIRE91もそう変わり無く感じます。
ただ、軽〜く軽快な走りはレジェンドに分が有りますが、
91のクローズホールドの安定感とクローズスピード、それは別物です。


★《本日、フォイル。》(2018年7月5日アップ)
風速は南南西9〜10m/s前後、4.7uでフォイル。終日曇りで◎コンディション。
BH-Legend122LとRRDアルミ製フォイルのセット。
セイルはRRDーGAMMA4.7uにて。
風速は9〜10m/s前後、今日はアウトの海面が海藻だらけで走り難いので、ジャイブ練です。
浮遊し続けるウキウキジャイブは大きなサイズのボードでも小さなサイズでも難しさは同じ。
でも何となくLegendの方がし易い。
フォイルの浮遊ジャイブは少々危険も隣り合わせ!よってジャスト〜アンダー風域で練習するのが好ましい。
し易い要因は、ボリュームの無い方が空中でもボードコントロールし易い為でしょうか。
それからもう一つ、やはりレジェンドが極軽量なのも浮き続ける理由なのでしょう。


★《本日、フォイル。》(2018年7月4日アップ)
風速は南10m/s前後、4.2uでフォイル。雨模様ながら◎コンディション。
BH-Legend122LとRRDアルミ製フォイルのセット。
セイルはRRDーGAMMA4.2uにて。
風速は10〜11m/s。最近は150Lに乗ってるので出艇直後は多少ボードサイズの違和感もありましたが、
ワンレグ走れば直ぐに慣れます。軽量ボードのスピード感と軽快な走りはほんと刺激があります。
BH-Legend122、ボードはウインド専用にデザインされていますが、ショート&ワイドの丸っこいデザインが
良いのでしょう、フォイルウインドも全く違和感無し。
普通のウインドがしたくなったらそのままフィン付け替えるだけ、このセット、お勧めです!。


★《本日、フォイル。》(2018年7月3日アップ)
風速は南南東5m/s前後、6.8uでフォイル。◎コンディション。
RRD/H-FIRE150フォイルボードとRRDアルミ製フォイルのセット。
セイルはRRDーFIRE-MK6/6.8u(ノーカムスラローム)にて。
風速は4〜5m/s。こんな微風でも少しのブローが入れば安定して走り続けます。
でも風速があと1〜2m/s上がって5.7uが使えるぐらいが一番楽しいな。


EZZYSAILよりフォイル専用セイル発表。最大で7.0u、やはりデカセイルなんて必要ないんだね。
詳細はこちらより
《EZZY-HYDRA発売案内》
★《本日、フォイル。》(2018年7月2日アップ)
風速は南南西8m/s前後、5.7uでフォイル。◎コンディション、最高のコンディションです。
RRD/H-FIRE150フォイルボードとRRDアルミ製フォイルのセット。
セイルは最近お気に入りのRRD−EVOLUTION・MK10-5.7uにて。
今日は大御所とアップウインド。クローズ走ってるだけでワクワクします!。


★《フォイル歴1カ月動画。》


★《本日、フォイル。》(2018年6月29日アップ)
風速は南東7m/s前後、5.7uでフォイル。◎コンディションです。
RRD/H-FIRE150フォイルボードとRRDアルミ製フォイルのセット。
最近はいつも強風フォイルばかりなのでこのぐらいのコンディションはとても楽に感じました。
やはり穏やかな日和が一番適しております!。
RRD-FOILの長〜いフューズレージ1200oにも慣れました。この長さ、かなり良いかも。


★《本日、フォイル。》(2018年6月28日アップ)
風速は西南西11m/s、4.2uでフォイル、4.2ジャストで◎コンディションです。
今日がBH-Legehd122&とRRDアルミ製フォイルのセット。
強風フォイルはいつもの150Lより流石に乗り易い気はする。
ボードが軽い為なのかスピードがガンガン出る。
特にクヲーターはトップスピードでのコントロール不能が怖いので、スピード落とすのに苦労するほど。
でもゆっくり下りながら浮遊状態を保つコツを習得。これで強風オーバー時もとりえず安心かな。


★《本日、フォイル。》(2018年6月27日アップ)
風速は西南西10m/s、4.7uでフォイル、◎コンディションです。
引き続き、ワイド91のRRDフォイルボード150LとRRDアルミ製フォイルのセット。
このコンディション、スラロームでしたら、6.5か7.0ぐらいを選択してるのでしょうね。
しかしこの時期に4.7uジャストなんて冗談みたいな話です!!。


★《本日、フォイル。》(2018年6月25日アップ)
風速は南西10m/s、4.7uでフォイル、◎コンディションです。
本日、ワイド91のRRDフォイルボード150LとRRDアルミ製フォイルのセット。
安定した風速10m/s前後、このセイルサイズで止まることなくずっとフライトしておりました。
このぐらいの風が一番楽しいです、個人的には。
上りのレグも、下りのレグも凄く安定しております。


★《本日、フォイル。》(2018年6月22日アップ)
風速は西南西8〜南西11m/s、5.7uと4.7uでフォイル、◎コンディションです。
本日、ワイド91のRRDフォイルボード150Lと昨日同様のRRDアルミ製フォイルの試乗。
(マスト85cm)胴体(フューサレージ)120cm。
このセットのスピード感に大分慣れてきました。ガスティーコンディションでも安定してフライトしてくれます。
今日は強風なのでジャイブを中心にフォイルウインド。

画像右側、ユニバーサルジョイント。
水深の深いとこでボードを浮かべたままリグの取り付け取り外しがサクサク行えます。

★《本日、フォイル。》(2018年6月21日アップ)
風速5〜7m/s、5.7uでフォイル、◎コンディション。
最近、拓海よりウインドしてます!!。
さておき、 今日もワイド91のRRDフォイルボード。
フォイルはRRDアルミ製フォイルの試乗。(マスト85cm)胴体(フューズレージ)120cm。
今まで使用してる胴体は75〜80cmほどでしたが、これは120pも有ります。
安定してボードがリフトするのが印象的。下りのレグも安心して走れます。
特にアップウインドはスピード落ちません。性能は良好です。


★《本日、フォイル。》(2018年6月19日アップ)
風速6〜7m/s、5.7uでフォイル。

今日も ワイド91のRRDフォイルボードとフルカーボンフォイル(マスト95cm)のセット。
風速7m/sなんてフォイルには最高の風です。花丸コンディション。
今日はアップ〜ダウン。上りは完全にコースレースのクローズホールドです。
それでも未だ当時の自分より相当遅い感じ。上りも下りも色んなことが見えてきてます!。


★《本日、フォイル。》(2018年6月14日アップ)
風速4〜5m/s、5.7uでフォイル。

PWAの選手が乗るようなボードに乗ってみたくなりました。試乗です。
ワイド91のRRDフォイルボードとフルカーボンフォイルのセット。もはやマストは95cmも有ります。
いよいよ行き着くとこまで来てしまいました?。まだフォイル初めてから3週間だけどね。

アンダー風域でもブロー探せば良く走ります。
5.7uで150L(ワイド91cm)、全く違和感なし。やっぱり不思議な乗り物です。
体感ボリュームは130Lぐらいかな、少しパンプするだけでスッと浮きあがり走り始めます。

★《本日、Legendでウインド&フォイル。》(2018年6月12日アップ)
風速10〜12m/s、4.2uでウインド&フォイル、花◎。


Legend110L&RRD−GAMMA4.2u&MANTA-FOILにて。
レジェンド110Lの良いところ、
4.2uで極楽ウインドサーフィン。飛びたくなったらそのままフォイル付けてフォイルウインド。

★《本日、フォイル。》(2018年6月8日アップ)
風速6〜8m/s、5.7uでフォイル、花◎!。


RRD−EVOLUTION・MK10-5.7u&MANTA-FOILにて
南西、風速8m/s、5.7uでド完プレです。今日はジャイブ練習。
ボードが浮かないように艇速落して普通にジャイブするのはそんなに難しくないですが、
ジャスト オーバー気味の風域で、浮いたまま脱出するジャイブはかなり難しいです。
ジャイブ後半は綱渡りしてる感じ!どうしても着水してしまいます。
舞い上がり過ぎて撃沈も多数。フォイルプレーニングジャイブ、本気にさせてくれます!。

★《本日、フォイル。》(2018年6月7日アップ)
風速3〜4m/s、5.7uと6.8uでフォイル×。

フォイルセットは5日と全く同じ。
風速4m/sだと後1m/s足りません。浮きそうで浮かない感じ。後たったの1m/sです。
5.7でも6.8でも一緒、浮かないものは浮かない。
でもフォイル最低風速大体わかりましたね。
風速4m/sでは浮きませんが5m/s(5.7u)で浮きはじめ、6m/sで完全に浮き続けます。
っということでフォイルウインドサーフィン、やはりサンデーセイラーの強い味方でしょう。
灯台の数値が5m/sになったらレッツゴー!ってことで!!

★《本日、フォイル。》(2018年6月5日アップ)
風速4〜5m/s、5.7uと6.8uでフォイル◎。

BH-LEGEND110L/BH129L&RRD−EVOLUTION・MK10-5.7u/RRD-FIRE6.8u&MANTA-FOILにて
今日も、ワイド80とLegend70でフォイル。
ワイド70(レジェンド)の方がボードの重量が特別軽い為かより浮き上がりが強い。
若干安定感は80の方が有りますが、どの辺りの幅を選択するかは好みだね。
セイルサイズも5.7uと6.8uを使用してみるがそれほどプレーニングの入りは変わらない。
この微風域、 さすがに走りっぱなしと言うわけではなくブロー探してのプレーニングですが、
5.7の方がどう考えても面白い。不思議なウインドサーフィン(フォイル)である。


★《本日、フォイル。》(2018年6月4日アップ)
風速5〜6m/s、5.7uでフォイル◎。

BH129L&RRD−EVOLUTION・MK10-5.7u&MANTA-FOILにて
今日は、ワイド80でフォイル。いつものワイド70と乗り比べ。
個人的にはワイド70(レジェンド)の方が走りが軽く好きかも。
思うんだけど、結局幅広のボード使用する時はセイルも少し大き目が必要になってくる、
ただ80の上りは凄い角度。ほんとあの熱き時代!思い出すよ。
今日は浮き浮きジャイブも何回か成功。何回か沈してジャイブのコツわかりました。
ジャイブも楽しいよ。

★《本日、フォイル。》(2018年6月2日アップ)
今日の風速4〜5m/s、5.7uでフォイル。

BHレジェンド110L&RRD−EVOLUTION・MK10-5.7u&MANTA-FOILにて
昨日今日と普通のコンディションでのフォイル。ブロー見つけてのプレーニングです。
フォイルのプレーニングは、クローズホールドとアビームク&ヲーターはセイリングフォームを変えるのがコツ。
たとえばクローズはかかと足加重がメインでセイルをしっかり引き込むこと、
そしてクヲータはボードの芯に重心を置きやや前傾のフォームでセイルは無理に引き込まない。
これで予期せぬ事態が起きても瞬時にボードコントロールが可能に。いろいろ奥が深くて面白いね。

★《3回目のフォイル。》(2018年6月1日アップ)
本日午後は 風速6〜7m/s前後、4.7uジャスト◎。フォイルでしたら完全な◎コンディションです。

フォイルのマストを85cmにして初乗り。ワイド70ボードでも何の問題も無く普通に乗れます。
抜けが少なくなって浮きっぱなし&走りっぱなしです。

BHレジェンド110L&GAMMA4.7&MANTA-FOIL(マスト85p)
風速6〜7m/s前後で4.7ジャストなんて不思議な現象です。
でも病みつきになりそう!!。

★《2回目のフォイル。》(2018年5月25日アップ)
風速14m/s前後、オンショア3.7uジャストオーバー。

今日はド強風の中アップウインド&ダウンウインド挑戦。1人レースごっこです!。
分かってますよ、フォイルはこんな時にやるもんじゃないことは。
でもやってみたいんです。昔から危険な遊びが好きなんですよ!?。
BHレジェンド110L&GAMMA3.7&MANTA-FOIL
大分アップウインドの方法を理解してきました。
インレイル加重をうまく取り入れることでバタつかず安定して風上に上っていきます。
昔のコースレースのアップウインド角度、完全にハマりました。やばいです!!
次はクヲーター、爆風なので引き込むとかなり危険な状態になりそうな気配。
セイルに風を溜めないように開きながらの下り。ただそれだけでもずっと浮き続けて走ります。
あの空中を飛び続けるクヲーターの走り、ウインドには存在しません。かなり強烈でした!!。
今日も刺激たっぷりのコンディションを満喫。
なんかレジェンド乗ってから微風はウインド、強風はフォイルって世間と真逆なんだけど・・・

下は24日の動画です。


★《初フォイル!。》(2018年5月23日アップ)
風速12m・s、クロスオフショア4.2uアンダー〜ジャストオーバー


今日は、南東12m/s前後、初めてするには危険な風域です。
しかしこんなンコンディションは胸躍ります!?。

ボードはレジェンド110L(235ワイド70)、MANTA WIND-FOIL(マスト60p使用)。
MANTA WIND-FOILのボックスは、バーレータトルボックスにそのまま使用出来て、
更に、60cmと85pの2本フォイルマストが付属しているので村櫛でも使用可能。
また(お値段もセット価格115000円)と比較的リーズナブルなので選択しております。
レジェンド110Lはフォイル兼用。フォイルが出来るようにボックス強化しておりますので安心です。
しかし、110Lでボックス強化して5.95Kgって凄い技術ですよね。

さて初フォイル。
凡そ5分も走れば慣れます。案外簡単で誰でも直ぐに乗れると思います。
浮きすぎても勝手にボードが着水します。ノーズからダイブ!なんてことは
一度も無かったし、セイリング中に沈することも無かったです。
ただジャイブは難しいです。ジャイブ中にまた浮いてくるし!。
浮遊の持続=簡単に浮きますが、浮き状態を持続するのは少し練習が必要です。
少し風がアンダー気味でクヲーターのラインを走ればずっと浮いてくれます。
ただ今日はブローが12m/s近く有るので少し恐怖もあり短時間浮遊でした。
次回はもう少し風が弱く安定した風の中でチャレンジしたいと思います。

いやいやほんと久しぶりに新鮮な感じで楽しいウインドが出来ました!。
ボードのワイド70cmも幅足りないかな〜なんて思いましたが全く問題有りませんでした。
流石何でも可能な魔法ボード、レジェンド110L!

普段の生活では浮かないようにして努力しておりますが、
フォイルする時だけは浮いていたいと思います?
では次回また。

下は22日フォイル初トライ動画です。